オータムカップ 2020


10月25日   vs早稲田大学          於 足立区総合SC

  1Q 2Q 3Q 4Q OT TOTAL    
 拓殖  16 26 25 18   85  
 早稲田 11  16 14 26   67  

オータムカップ 3戦目

VS早稲田 11.12決定戦

 

1クォーター

拓殖ボールでスタート。

出だしはうまく攻める事が出来ずになかなか得点が入らない。しかし、ディフェンスで粘りを見せ相手のオフェンスも封じる。

#2平良がファールを貰いフリースロー。1/2をきめる。相手のシュートが入り出した頃に、#24ユセフがファールを受けながらもシュートを決める。

シュートを打つがなかなか入らない時間が続く。その間に早稲田#123Pを決められてしまうが#0神田から#24ユセフへの華麗なパスで得点を重ねる。それに続き、#42益子のパスから#95齋藤が3Pを決めると、#24ユセフがゴール下で力強いプレイからシュートを決める。

ハードなディフェンスが機能しロースコアな展開が続く。

#8祝がファールを受けフリースローを獲得。

1/2を決める。

#8祝がスピード溢れるドライブからシュートを沈める。

ディフェンスでは#41杉野のブロックショットが炸裂する。

#42益子が最後粘りながらも2点シュートを沈め

る。

早稲田のラストオフェンスをしっかりと止め、1クォーター終了

拓殖16  早稲田11

ロースコアの入りとなった。

 

2クォーター

早稲田ボールからスタート。

開始早々#8祝がハードなディフェンスから華麗なユーロステップを見せレイアップを決める。

拓殖のディフェンスがとてもよくなかなか早稲田のシュートが入らない間に#95齋藤が3Pを決め一気に攻め立てる。

ここで早稲田たまらずタイムアウト 8:24 

拓殖21  早稲田11

タイムアウト後、#24ユセフがゴール下で加点する。また、8祝からの華麗なパスで#24ユセフが3Pを決める。

相手のシュートが決まり出してきた頃#41杉野がゴール下で加点すると、#42益子も鋭いドライブでレイアップを決め点差を離す。

4:08拓殖タイムアウト 拓殖30 早稲田18

タイムアウト後に、#41杉野の3Pが決まると

立て続けにゴール下で#41杉野が2点をもぎ取る。ディフェンスの質が落ちない拓殖はいい形でオフェンスに入る。この日3Pが入っている#95齋藤が3本目の3Pを決め突き放す。

残り39秒で拓殖タイムアウト 拓殖39  早稲田27

ワンプレイが終わりすぐに早稲田もタイムアウト 。17.7秒 拓殖39 早稲田27

早稲田の攻撃をしっかりと止めラストオフェンスに入ると#2平良の鋭いパスから#42益子がブザーと同時に3Pを決め雄叫びをあげた。

2クォーター終了 拓殖42  早稲田27

拓殖15点リード。

 

3クォーター

早稲田ボールからスタート。

ディフェンスの質が落ちずにナイスディフェンスを魅せる。

#2平良が力強いドライブでレイアップを沈める。

早稲田に連続得点をされるも

#91藤根ファールを貰いフリースローを獲得。

2本沈める。

#0神田の華麗なパスから#24ユセフがダンクを決め1年生コンビが会場を沸かせると、

#2平良も華麗なドライブからレイアップを沈める。

ディフェンスで流れを作れている拓殖は

#41杉野と#95齋藤の3Pが立て続けに決まる。

負けじと#2平良もレイアップシュートを決め相手を突き放す。

たまらず早稲田タイムアウト。

3:18  拓殖58  早稲田38

粘る早稲田に対して拓殖は早い展開を繰り広げ

#2平良の鋭いパスから#42益子がレイアップを沈めると、#95齋藤が3Pをきめる。齋藤の3Pが止まらない。

勢いのある拓殖は早稲田のラストオフェンスを止めると、#42益子がドリブルで攻め、ブザーと同時にシュートを決める。

3クォーター終了

拓殖67  早稲田 41

 

4クォーター

拓殖ボールからスタート。

#41杉野の2点シュートから始まる。#42益子がスティールからファールをうけ、フリースローを獲得する。2/2決める。

ディフェンスがとてもいい時間が続いている。

#95齋藤が2本連続立て続けに3Pを沈めこの日7本目の3Pを決める。

点差が一気に開いた所で早稲田たまらずタイムアウト。 7:56   拓殖79  早稲田43

タイムアウト後得点が中々入らないがハードなディフェンスで点差を保つ。

苦しみながらも#13森田がジャンプシュートを決めると#0神田も得意の3Pを決める。

早稲田は最後の方にシュートが入り出したが拓殖のディフェンスの強度は落ちる事なく拓殖ペースで試合終了のブザーが鳴り響き、拓殖85  早稲田6718点差で勝利した。

 

自分達のバスケを40分間続け相手を圧倒し今シーズン公式戦初勝利となった。

また111位という結果となり、1113日に2部リーグの2位チームとインカレ出場をかけチャレンジマッチが開催される。


10月24日   vs神奈川大学          於 足立区総合SC

  1Q 2Q 3Q 4Q OT TOTAL    
 拓殖 22  13 14 19   68  
 神奈川 15  19 18 23   75  

オータムカップ2戦目

VS神奈川大学 順位決定戦

 

 1クォーター、神奈川大学ボールでスタートする。拓殖のディフェンスはマンツーマン。

ハードなディフェンスで守ると、拓殖大#91藤根のミドルシュートで先制する。立て続けにハードなディフェンスで#91藤根がレイアップで得点を挙げる。神奈川も#34がスリーを決めてくるが、#95齋藤のアシストから#24ユセフがすかさず得点をする。また#0神田が3Pシュートを沈め、さらに堅実なディフェンスでミスを誘い、オフェンスにつなげると、#24ユセフの力強いバスケットカウントで流れを掴む。神奈川は3Pで得点を重ねてくるが、#24ユセフ、#41杉野がゴール下で着実に得点を重ねる。

1クォーターが終わり 拓殖22-神奈川15  とリードする。

 

 

2クォーター、拓殖ボールでスタート。

#41杉野がインサイドで加点するが、お互い得点のはいらない時間が続いてしまう。

7:36ここで神奈川タイムアウト。拓殖24.  神奈川18.

タイムアウト後、神奈川の#193Pや、フリースローなどで逆転を許してしまう。拓殖はシュートが入らない時間が続いてしまう。

4:59 拓殖タイムアウト。拓殖24  神奈川26

#2平良のゴール下での得点、#95齋藤の3Pなどで徐々にリズムを取り返すと、#24ユセフ、#0神田の1年生コンビが得点を重ねる。

1:24 神奈川前半2回目のタイムアウト。

拓殖33 神奈川32

タイムアウト後#2平良のシュートを#0神田がリバウンドし、ゴール下で得点する。

前半ラストプレイは#2平良が,コーナー3Pを狙うが惜しくも決まらず前半終了。

拓殖35 神奈川34

 

 

 

3クォーター、神奈川ボールでスタート。

激しいディフェンスで相手にプレッシャーをかけるが、シュートを決められてしまう。

しかし、#24ユセフが粘り強くプレイしてゴール下で得点する。

また、#41杉野がファールをうけフリースローを1/2沈める。しかし、それ以降チームとしてなかなかシュートが入らない。逆に神奈川はシュートが入っていく。

苦しい場面で、#91藤根の2点シュート、#2平良の気持ちのこもったシュートが決まる。

フリースローが思うように入らずに得点が伸びず、点差を広げられてしまう。

しかし、3クォーター終了間際に#95齋藤がコーナーから3Pを決めて粘りを見せた。

3クォーター終了。

拓殖49 神奈川52

 

4クォーター

拓殖ボールでスタート。

#95齋藤が3Pシュートで先制し、試合を振り出しへ戻す。しかし、相手のシュートが決まる中拓殖のシュートは思うように入らずに点差が少しずつ開いていってしまう。得点が伸びない時間が続き、ここで拓殖タイムアウト。

4:38 拓殖53  神奈川61

タイムアウト後、#91藤根、#0神田の3Pシュートで追撃する。ディフェンスでも粘りをみせ相手の得点が徐々に止まってきた時、神奈川タイムアウト。2:55  拓殖59  神奈川64

タイムアウト後、神奈川#7.#21に得点されるも、#91藤根のシュートで粘りを見せる。

しかし残り時間も少なくなりたまらず拓殖タイムアウト。1:47 拓殖61 神奈川68

タイムアウト後をうまく攻めれずに逆に神奈川#213Pを,許してしまう。

ここで拓殖後半最後のタイムアウト。1:20

拓殖61 神奈川71

タイムアウト後、#95齋藤の3P、#24ユセフのゴール下での力強いプレイで得点を重ねる。

残り17.7  5点差とした所で神奈川のタイムアウト。

拓殖68 神奈川73

残り17秒神奈川ボールからスタートする物の、17秒ボールを奪うことは出来ずに試合終了。

拓殖68  神奈川75

自分達のバスケットができずに悔しい敗戦となった。

 


10月10日   vs東海大学     於 エスフォルタアリーナ八王子

  1Q 2Q 3Q 4Q OT TOTAL    
 拓殖 11  10 17 10   48  
東海 30 18 20 11   79  

 オータムカップ、初戦は東海大学との一戦。 

 1Q

拓殖は2-3ゾーン、東海はマンツーマンで試合がスタート。ジャンプボールに勝ち拓殖大学ボール。

序盤から果敢に攻めていくが、#41杉野、#24ユセフ、のシュートは思うように決まらず相手の#88.#28に得点をされてしまう。#95齋藤が#88をブロックして速攻をだし#42益子がシュートを放つも決まらず相手に速攻を出されてしまい3ポイントシュートを決められてしまう。

試合開始から330秒、#24ユセフがファールをうけフリースローをもらう。一本外し一本は決め初得点。その後も果敢に攻め#42益子のジャンプシュート#24ユセフのゴール下で得点を重ねる。しかし、相手のシュートが決まりだし、331秒に拓殖がタイムアウト。この時点での得点は520。タイムアウト後、#2平良がオフェンスを組み立て、#0神田、#24ユセフのスリーポイントシュートが決まる。相手のラストオフェンスをとめ、第1Qが終了、拓殖11点 東海30点と差を広げられる。

 

2Q

東海ボールでスタート。1Qと変わらず拓殖は2-3ゾーンで守る。東海のファーストオフェンスを守りオフェンスに繋げる。

#8祝が放ったシュートを#0神田がリバウンドし、そのままゴール下のシュートを決める。

#8祝、#0神田、#13森田が立て続けにシュートを放つも決まらず。#13森田のインサイドプレイに#95齋藤が華麗に合わせゴール下のシュートを決める。519秒拓殖大学が2回のタイムアウト。拓殖15点、東海41

タイムアウト後、シュートが入らない時間帯が続きその間に得点を重ねられてしまう。

しかし、#24ユセフがゴール下で粘りファールをもらう。フリースローを一本決める。

終了間際#42益子が2点シュートを決め前半を終了。拓殖21、東海48

 

3Q

拓殖ボールからスタート。

両チームディフェンスは変わらずに、ゾーンとマンツーマン。

得点の欲しい場面で#24ユセフが得点を重ねる。#2平良のパスから#24ユセフがバスケットカウントを決める。#41杉野、#42益子もシュートを打つがなかなか決まらず、その間に相手の#11などに得点を決められてしまう。

すぐさま#2平良がドライブからのレイアップでシュートを決め返す。#42益子のパスから#24ユセフ、#2平良のレイアップで得点を重ねる。

両チームなかなか得点が入らない中、#24ユセフがファールを受けフリースローを2本決める。

また、#24ユセフにボールを集め外からも攻め3ポイントを決める。3Q終了間際相手の#5がドライブを#15隈元と、#24ユセフでとめ、残り2秒で速攻を出すも#42益子のシュートは落ち3Q終了。

拓殖38 東海68、点差を更に広げられる。

 

4Q

最終クォータ両チームディフェンスはゾーンとマンツーマンで変わらずにスタート。

東海ボールでスタート。#8祝が相手の#5をスティールし速攻を出すも、#0神田のシュートは惜しくも入らず。

相手の得点が止まっている間に#24ユセフ、#8祝のレイアップで得点を重ねる。

600秒に拓殖大学タイムアウト。拓殖42 東海72

タイムアウト後#2平良のレイアップからスタートする。

相手に連続得点されるも、#24ユセフが粘りゴール下で得点する。

418秒 拓殖大学タイムアウト 拓殖46 東海77

タイムアウト後、両チーム共に得点の入らない時間が続いた。#0神田、#24ユセフが立て続けにスティールをし、相手の攻撃を止めるも、得点は入らない。#8祝がドライブからレイアップを決める。

その後もシュートを狙っていくがシュートが思うように入らずに4879で試合終了、悔しいシーズン初戦となった。